Web完結型保険のアクサダイレクト生命

保険の仕組み

生命保険には、死亡時や高度障害となった場合に保険金が支払われる「死亡保障」と保険をかけてから一定期間が経過した後に生存している場合に保険金が支払われる生存給付の2つがあります。この生命保険は、「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類の基本形があり、後は、これら3種の組み合わせによってバリエーションを作っているに過ぎないのです。
定期保険では、保険を契約してから満期となる期間内に死亡した場合に保険金が出る、死亡保障のみで、満期で保障は終了しますので保険料が安いという特徴があります。終身保険では、死亡保障期間が無期限で一生涯続く保険となっており、保険料は割高となっています。養老保険では、保険を契約してから満期となる期間内に死亡した場合に保険金が出る死亡保障と、満期時に生存していた場合に死亡保障と同額の生存給付が支払われる、生存給付がセットとなった保険で、保険料は一番高くなります。
ネクスティア保険では、終身保険とがん保険を組み合わせた「カチッと終身がん保険」や定期保険の「カチッと定期保険」などが用意されていますので、家族構成や資産状況など自分に合った無理やムダのない生命保険を選ぶとよいでしょう。

その他のコンテンツ